胃腸の丈夫さは消化酵素で決まる

escalator_1280
便秘は腸の問題だけでなく、胃腸全体で考えないといけません。食べた物は、本来は、胃で分解されたあと、小腸で栄養が吸収され大腸で老廃物が便になります。

胃から腸まですべての段階で、消化吸収そして排泄というプロセスがスムーズに進まないと、便秘になったり、逆に下痢になったりすることもあります。

口からおしりの穴までは、一本の管のようになっていて全部をひっくるめて消化器官と言われています。便秘は腸だけの問題ではなく、食べ物が口に入る段階からすべてのプロセスで問題を解決しないと根本的には解決しません。

食物繊維など食事内容に気をつけていても便秘になったり、ヨーグルトを食べても改善できないような場合、消化不良を改善することで、一気に便秘が治ることがあります。わたしは消化酵素のサプリメントを飲むことで、胃もたれしなくなるのと同時に、便秘も改善しました。

しっかり消化された食べ物は、小腸で栄養素が吸収されるので、大腸には、余分なものがない純粋に便の原料が届きます。ところが消化不良だと大腸に未消化のたんぱく質などが流れ込み、悪玉菌を繁殖させてしまう原因になってしまいます。どんなに快便の人でも肉ばかり食べていれば便秘になりますが、その理由は、消化不良のたんぱく質が腸内環境を悪くするからです。

消化酵素にも様々な摂取方法があり、食品から摂取する場合、発酵食品を食べることが効果があります。私のように外食が多い人は、サプリメントが便利でしょう。胃腸全体の改善が期待できるので、意識的に摂取したい栄養素です。