胃の張りを抑える2つのステップ

oldbook-1280
ご飯を食べた後、胃が張って苦しくないですか?胃は、風船のように膨らむようにできています。普段はしぼんだ状態ですが食事が入ってくると、大きく膨らんで、一気に容積がアップします。胃が張る、というのは、風船のゴムが固くなってスムーズに膨らまないことが原因だと思われます。

胃の張りを事前に解消させるためには、食前に多めの水を飲んでみるとよいでしょう。水を飲むことで、一時的に水分が胃にたまるので胃が膨らみます。食事の前に水を飲むことで、事前に胃を膨らませて、ストレッチのような効果が期待できます。胃に入った水は、数分で吸収されてしまうので、食事を大量に食べたときのような胃もたれや苦しさはありません。

飲む水の量は、はじめは300ミリくらいからはじめてみましょう。冷たい水は内臓を冷やしてしまい、消化不良にもつながるので、常温の水を飲むのがよいと思います。また食事の直前や食事中に水を飲むと、胃液が薄まってしまい、やはり消化不良になりやすくなるので食事の30分から1時間前に飲むようにして、食事までに水が吸収されるように注意してください。

それでも胃が張る場合は、食事が固形物のまま胃にとどまっていることが原因です。食べたものは胃の中でどろどろの液体に分解されて小腸に流れていきますが、固形物のままだといつまでも胃に食べ物が残った状態になり、固いものが胃に入ったままなので胃の張りを感じたり、胃が苦しいのです。

食事を分解してどろどろにしてくれるのが消化酵素です。発酵食品やサプリメントで消化酵素を補給してあげると食べた物がすぐに分解されるので、長時間、固形物が胃にとどまることがありません。分解されたものは固い物質ではなく、液体なので胃の張り感も軽くなります。消化酵素は食前に摂取することが原則ですが、わたしの経験上、食後でも十分効果があります。