胃もたれを防ぐ4つのテクニック

lightbulb_1280
胃もたれを防ぐための方法を紹介します。わたしが実際にやって効果があった方法です。

1.食前30分前までに300ミリくらいの水を飲む

食前に水を飲むことで、胃の粘膜のストレッチになり、そのあとの食事で胃が張ったりすることを防げます。食べる直前に飲んでしまうと、胃液が薄まってしまい消化不良になりやすくなってしまうので、少なくとも30分前、できれば1時間前までに常温の水を飲むことです。

2.消化酵素のサプリメントを飲む

消化酵素のサプリは、本当に最強だと思います。胃もたれは消化酵素の分泌不足であることがほとんどなので、サプリメントで補ってあげることで、全く胃もたれしなくなります。

3.よく噛んで食べる

おばあちゃんの知恵のようですが、やっぱり咀嚼は大事です。よく噛むことで食物が細かい状態で胃に入るので固形物のまま胃に残るのを予防してくれます。唾液に含まれるアルファアミラーゼという消化酵素も食事の消化を助ける働きがあります。

4.食後は激しい運動を控える

食後は、胃が食べ物を消化するためにフル活動です。胃が活動するためには血液が必要なので体中の血液が胃に集まっています。そこで運動してしまうと、胃が血液不足で動けません結果的に消化不良になるだけでなく、運動の疲労も蓄積されやすくなってしまい逆効果です軽い散歩程度にしたほうが良いと思います。

わたしは、もともと胃弱なのですが、この4つを行うだけで、だいぶ改善されて
人並みに近いくらいになったと思います。