舌苔が溜まりやすい理由:あの白いものの正体は繁殖した雑菌

fire-438330_1280
■目覚めのキスなんて絶対できない

朝起きた時ってすごく口が臭くなりますドラマなどで「目覚めのキス」のシーンがありますが実際には自分の口臭が気になってできないですよね?

自宅でゆっくりしている時はまだいいですが恋人とのお泊まりデートの時や友達と旅行に行ったときなど、かなり朝の口臭がばれないように気をつけないといけないと思います。

朝起きた時に舌が白くなるということは、日中でも唾液の分泌が少ないときには、すぐに舌が白くなって口臭が出るということです。

仕事に集中しているときや飲み物をしばらく飲めない時など、気づかずに口臭を出してしまう可能性もあります。

■唾液が汚染されている

なぜわたしたちは朝起きた時舌が真っ白になってしまうのでしょうか?

誰でも朝は口が臭い、という意見もありますが男女問わず、全く臭くならない羨ましい人もいます。

ちょっと考えて見て欲しいのですが、赤ちゃんや小学生の子供の頃であれば、朝起きた時であっても、あまり臭くなかったはずです。

なぜ、わたしたちはすぐに舌苔が溜まるのでしょうか?

「食べ物が悪いからだと思います」

「歯磨きが足りていないからだと思います」

それも間違いではありませんが根本的な、本当の原因は・・・

『唾液』が汚染されているからです。

舌苔は、体内から出た老廃物や雑菌が溜まって白く変色しているものです。

つまり、便と一緒で、老廃物が舌から排出されてそれが雑菌のエサになっているのです。

逆に体内から老廃物や有毒物質がでなければ舌苔がすぐに溜まることもなくなります。

『唾液』は血液から作られますので血液が汚れて老廃物や毒素まみれになっていることが唾液を汚したり、舌苔が溜まる原因になっています。

血液の汚れは、おもに腸内からやってきます腸は人体最大の毒素の発生源だからです

腸内で発生したアンモニアやスカトールなどの腐敗物質が血液に流れ、それが唾液や口の中に濃縮された形で流れ込みます。

このような腸からくる口臭のことは『腸内口臭』と呼ばれています。

歯医者では治らない口臭ですいくら歯を磨いても治らない口臭です。