便秘の女性が絶対に摂取するべき2つのタイプの乳酸菌

numbertwo_1280
腸をきれいにしてくれる乳酸菌の代表がビフィズス菌です。乳酸菌にもいろいろな種類があるのですが、ビフィズス菌は主に大腸に住み着いて、腸のぜんどう運動を活発化したり老廃物を掃除してくれる効果が高い乳酸菌です。

ビフィズス菌のもう一つの特徴としては、もともと人間の体内に住んでいる菌なので定着率が高いと言われています。

赤ちゃんの腸内は、90パーセント以上が善玉菌なのですがそのうちのほとんどがビフィズス菌なのです。ところが、年齢が上がるとビフィズス菌の数がどんどん減ってしまいます。そのため大人になって便やガスに問題が発生しているのであれば最初に摂取するべき乳酸菌です。

じつはビフィズス菌にもいろいろな種類があって、ロンガム種やユリウス種などがあります。

それぞれ微妙に腸内での働きがことなるので、乳酸菌飲料やサプリメントを選ぶ時には複数のビフィズス菌を配合したもの、というのがクオリティーの1つの目安になります。

ビフィズス菌だけでなく、乳酸菌には多くの種類がありそれぞれ働きが異なるのですが、現在の主要な菌としてビフィズス菌以外には、ラクトバチルス・アシドフィルス菌があります。

アシドフィルス菌は、主に小腸で活躍してくれて、免疫機能を活性化してくれる働きが注目されています。

総合乳酸菌サプリメントを選ぶ時に、ビフィズス菌とアシドフィルス菌が入っていないものはちょっとバランスがおかしいと思ったほうがよいです。そのくらい、ビフィズス菌とアシドフィルス菌は、乳酸菌の中でも、強力で、定番中の定番なのです。

まとめ・・・

ビフィズス菌は主に大腸で活躍して、高い整腸作用を発揮してくれます。またビフィズス菌はもともと人間の体内に住んでいる菌なので、きちんと腸にとどけば高い定着率が期待できます。赤ちゃんの腸内は90パーセント以上が善玉菌と言われますが、そのうちの多くはビフィズス菌です。

総合型の乳酸菌サプリを選ぶ場合は、そのほかにもラクトバチルス・アシドフィルス菌などの強力な乳酸菌が含まれているものを選びましょう。