胃弱の改善には消化酵素の補給が効果的

bus-stop_1280
昔から胃弱だと、いつしか胃薬を常備するのが当たり前、胃もたれするのが当たり前に思ってしまいます。

好きな物を食べて、気持ちの良い満腹感を感じるようなこともずいぶんと少なくなっていました。

わたしは20歳を過ぎた頃は毎日、毎食のように胃薬を飲んでいたのですが、あるとき「そんなことを続けていたら、そのうち胃に穴があくよ!」と注意されたのをきっかけに胃薬を減らすことを意識してきました。

胃薬には胃酸の分泌を抑える成分が入っていますが、常用することで、胃の粘膜が萎縮してしまい、萎縮性胃炎や最悪の場合、胃ガンになることもある、という話でした。

ところが、胃薬をやめたからといって、胃が強くなるわけもなく胃もたれを胃薬で押さえることができないので、必要以上に食事に神経質になったり、食事を楽しめない状態になってしまいました。

そこで、胃のもたれ感や胃酸を押さえる薬ではなく胃の消化力そのものを強くするサプリメントに出会いました。それが消化酵素のサプリメントです。

胃弱の女性は、まず胃液のなかの消化酵素の分泌が足りていないので消化酵素をサプリメントで補給してあげることで、食べた物をしっかり消化して栄養を吸収できるようになるのです。

消化酵素のサプリメントは食前に飲むのが基本です。食前にのむことで、食べ物を口にいれた瞬間から消化を助けてくれるので、想像以上に胃もたれしません。お酒を飲む前に消化酵素を飲めば、お酒にも強くなります。

食前に飲むのは忘れそう、と思うかもしれません。わたしもよく食前に飲むのを忘れてしまいますが、食後に飲んでも、十分強力です。

胃の中に、食べ物の塊が居座っているような胃が重い状態であったとしても、一気に消化されて、胃から腸に落ちていくのがまるで手に取るように分かります。

それでいて、胃薬のような胃にダメージを与えることはありません。なぜなら消化酵素はもともと発酵食品や果物に含まれている成分で、サプリメントは消化酵素を濃縮したものだからです。胃弱の人は最初に試すべきサプリメントだと思います。