アレルギー体質=胃腸が弱い体質

eye-close_1280
胃や腸が弱いことがアレルギー体質の根本的な原因だと言われています。例えばアレルギー物質のほとんどはたんぱく質ですが、本来であればたんぱく質はアミノ酸に分解されて腸から吸収されるんです。乳タンパクも大豆タンパクも、アミノ酸になってしまえば同じです。

それなのになぜ、大豆タンパクでアレルギーが起こらない人が乳タンパクでアレルギーが起こってしまうのでしょうか?

それは、腸でしっかりとたんぱく質が分解されずに体の中に入ってしまうからです。アミノ酸に分解される前のたんぱく質が体の中に入ると、体の免疫システムは『異物』だと認識してしまいます。体が『異物』だと認識したものを排出しようとするのでアレルギーが起こります。

なぜなら、病気を引き起こす原因でもある病原菌などもたんぱく質でできているからです。

最近の研究でアレルギー体質になってしまう原因として腸に『穴』が空いてしまう「リーキーガット症候群」という症状が注目されています。

腸に小さな『穴』が空いてしまうので、その『穴』から本来は入り込めないはずのたんぱく質や病原菌が入り込み、それがアレルギーを引き起こす原因になるということです。

簡単に言えば、リーキーガット症候群に代表されるように腸の中の『異物』をブロックするための防御壁が弱くなることでアレルギー体質になりやすくなる、ということです。

反対に腸の防御壁を強く高くしてあげることでアレルギー症状が起こりにくくなる、という研究もあります。

腸の防御壁を強くしてくれるものは、腸内細菌です。

腸内細菌の代表は乳酸菌で、英語で「プロバイオティクス」と呼ばれます。乳酸菌の出すエキスは腸内を弱酸性の環境にして雑菌の繁殖を抑えたり異物が腸の粘膜に入り込むのをブロックしてくれます。

腸内の乳酸菌を増やしたり強化してあげるためにヨーグルトや乳酸菌サプリを飲むのは効果的だと思います。

ヨーグルトにしても乳酸菌サプリを飲むときのポイントは、最低でも2週間くらい同じものを飲み続ける、ということです。乳酸菌が定着するまでに2週間くらいの期間がかかるからです。

問題は、ほとんどの乳酸菌はうまく腸内に定着してくれないこと。そして、一旦飲むのを辞めてしまえば、効果が薄れてしまうことです。時間をかけてでも、体質に合う乳酸菌を『探す』必要があります。