ヨーグルトを食べると下痢になる原因


ヨーグルトを食べると下痢になりませんか?もしかしてそれを乳酸菌の効果だと思っていませんか?

毎回下痢になったり、どの種類のヨーグルトを食べてもだいたい下痢になるというのであれば、かなりの確率で、乳酸菌のせいではなく、ただの消化不良です。。。

ヨーグルトの原料はもちろん牛乳ですが、牛乳やヨーグルトには乳糖やカゼインといった、特に日本人が体質的に消化しにくく、消化不良が起こりやすい成分が入っています。

消化不良のたんぱく質は、腸内で悪玉菌を増やします。しかもうまく便ができないので、下痢になります。

ヨーグルトを食べて下痢になる場合、便秘改善どころか、腸内環境が今よりもさらに悪化している可能性がかなり高いのです。

本当に自分に乳酸菌が合っている場合、何度も下痢になることはありませんし、きれいな、臭いのすくないバナナウンチになるはずです。

乳酸菌だけと摂りたい場合、サプリメントがいちばんいいです。便秘を解消して腸をキレイにしたい場合、じつはサプリメントがいちばん効率が良い方法です。

サプリメントのよいところはまず乳酸菌だけが入っているので消化不良が起こらないからです。ヨーグルトはだいたい1~3種類の乳酸菌しか入っていませんがサプリメントであれば複数の乳酸菌がいちどにとれるのも利点です。

乳酸菌サプリはいろいろありますが、一週間程度飲み続けて、臭いの少ないきれいな便に近づけばあなたの腸にあったサプリメントだと判断して良いと思います。

ビフィズス菌などは老廃物を出す働きもあるので一時的にガスが多くなることがありますが、あくまで最初だけで、体質に合っていれば徐々に少なくなるはずですよ。