ヨーグルトで逆に便秘が悪化した原因

starting-woman_1280
ヨーグルトを食べたら逆に便秘が悪化した、というのはよくある話です。

なぜなら、ヨーグルトの乳酸菌自体は便秘に効果があっても、ヨーグルト自体が胃腸に負担をかける可能性が高いからです。医者や専門家の中にもヨーグルトは腸を汚す、という声もあります。

ヨーグルトの原料は牛乳ですが、乳製品は基本的に消化に悪いです。ヨーグルトは腹持ちがいいですが、それは消化されにくいからです。

お肉が腹持ちがいいのと同じ理由です。肉ばかり食べていると便秘になったり、便がくさくなると思います。

ヨーグルトも、乳酸菌以外は、高たんぱく質で脂肪分も多いので、やはり肉を食べたときのような腸を悪化させる影響もあります。

ヨーグルトを食べて便秘が悪化した場合、乳酸菌の良い効果よりも、乳製品としての悪い効果のほうが多いということが理由かもしれません。

便秘改善目的には、純粋に乳酸菌を摂取したほうが理想的です。なぜなら乳製品のような腸に負担をかける成分がないからです。

乳酸菌だけを摂取するには、サプリメントで摂るしかないです。

よほどのサプリメントマニアでないかぎりは最初はいろんな種類の乳酸菌を配合したものが無難です。

乳酸菌は合う合わないがあるので、自分に合わない乳酸菌サプリを買ってしまうと無駄になります。

主要な乳酸菌をすべて配合したものであれば、全く自分に合わない、というリスクはほとんどないでしょう。

主要な乳酸菌には、ビフィズス菌や植物性乳酸菌、ラクトバチルス・アシドフィルス菌などがあります。